COMPANY

企業理念

美が笑顔を創り、
社会を発展させるために、
常に「美CREATOR」であること

代表挨拶

私共は、この企業理念を心におき、佐賀県佐賀市にて1999年にエステティックサロンの運営からスタートいたしました。

現在までのエステティックサロン運営の経験をもとに、令和元年より新たに社名を【株式会社CHARIS&Co.】として新事業の美容商材販売、エステティックスクールの運営、海外美容製品の取り扱い行っております。

美容の現場であるエステティックサロンで積み上げた豊富な経験と実績を活かし、美を求める多くの方々のニーズにお応えすべく、時代にマッチした質の高いサービス、より新しい技術、そして他にはない唯一の製品をご提案させて頂き、多くの方々の幸せな生活のお手伝いをさせて頂きます。

変化にとんだ時代のスピード、新時代となりそのスピードはまだまだ増してゆくことでしょう。
ゆえに私共は常に精進し、より一層信頼頂ける企業を目指し躍進すべく努めてゆく所存で御座いますので、今後ともご指導ご鞭撻と共にご愛顧のほど、宜しくお願い致します。

株式会社CHARIS&Co.
代表 藤木 誠

会社概要

会社名
株式会社CHARIS&Co.
代表
藤木 誠
所在地

<本社>
〒840-0015
佐賀県佐賀市木原3-3-11

<カリス韓国事務所>
701-412, Dongpyeong-ro, Busanjin-gu, Busan, Republic of Korea
TEL: 051-852-5347051-852-5347 FAX: 051-852-5346

連絡先
TEL: 0952-28-15790952-28-1579
FAX: 0952-37-6376

事業紹介

CHARIS
– 美容サロン専売化粧品製造販売
– 美容機器の販売

CHARIS&Co. Beauty School
– 小顔骨気術スクール
– エステスクール
– エステサロン開業サポート

サロン運営
– 骨気専門サロン anthea(Website
– ADORN 佐賀店(Website
– ADORN 福岡店(Website

顧問

谷口 智治(たにぐち ともはる)
一般社団法人 全国経営者団体連合会 理事長。人脈コミュニケーター。1947年(S22年)1月1日生まれ。岐阜県出身。県立岐阜県商業高校卒。大阪商業大学卒後、マックスファクター入社。1983年全国経営者団体連合会設立。発足以来35年にわたり、人と人を結ぶ “人脈コミュニケーター” として日夜人脈形成に精力を注ぐ。ありとあらゆる業界に精通する人脈には定評がある。社団法人 関東ニュービジネス協議会 特別理事。社団法人 パフォーマンス教育協会 理事。一般社団法人 日本個人情報管理協会 理事。特定非営利活動法人 日本作文協会 理事長。アジア自由民主連帯協議会 顧問。
法眼 健作(ほうげん けんさく)
1941年生まれ。東京大学法学部中退。1964年外務省入省。欧亜局大洋州課長、駐米日本大使館参事官、ボストン総領事、ホノルル総領事、中近東アフリカ局長、研修所長、国際連合事務次長、カナダ大使などを歴任。2005年外務省を退官。
マクファーランド
医学博士(アイルランド)、医療コンサルタント。 オンタリオ大学(ロンドン、カナダ)で遺伝学専攻の学士号を取得。その後、医療分野に進学し、アイルランドのリムリック大学で医学博士として卒業する。この期間中、老人医療およびプライマリーケアに関する数々の熱心な研究を行い、ならびに皮膚科及びアンチエイジング、老化に対して個人的な関心を持つ。また病院での仕事に加えて、フレーザーリサーチ研究所の医療コンサルタントも務める。 余暇には、ファッションから人間関係、旅行など、病院の内外ともに関心を持ち、そのライフスタイルブログなども発信。ライフスタイルと医学の融合を通じ、独創的で活き活きとしたスピーチと講義を実践している。
小西 和人(こにし かずひと)
形成外科専門医、美容外科医。神戸大学にて形成・美容外科診療に10年間携わる。09年12月より神戸大学と連携する美容外科、神戸アカデミアクリニック院長を経て、芦屋美容クリニックをオープン。 現在も神戸大学美容外科にて外来を行っている。過度な手術よりも「自然なキレイさ」を引き出す事を心がけている。
木川 務(きがわ つとむ)
戦略的な先制法務による統合コンサルティングに携わる。 国内法律事務所及び外資系法律事務所における外部弁護士として、多数のM&A、組織再編や訴訟・紛争解決に関するアドバイスを提供してきた実績に加え、国内大手総合商社及び外資系コンサルティング会社におけるインハウス・ローヤー(企業内弁護士)として、投資案件(M&A)や国際取引、国内外の訴訟・紛争案件等を通じ、国内外を問わず、ビジネスの現場で生じる最先端かつ未知の問題等についてアドバイスを提供してきた実績を持つ。 これら多角的な立場からアドバイスを提供してきた経験を活かし、法務的観点からのアドバイスだけではなく、ビジネスの「内」と「外」から複眼的に検討した上で、ビジネス・リスクや企業経営の観点も踏まえた総合的なアドバイスを提供。将来生じうる自体やリスクからの防衛・防御に関するアドバイスのみならず、さらに一歩進んで、ビジネスを有利に展開・構築できるようにするための方策をあらかじめ検討し、『布石を打つ』法務戦略についてのアドバイスを得意とする。